PEN mini E-PM2 レビュー、評価




PEN mini E-PM2はオリンパスのもっとも小型のラインナップPMシリーズの最新機種です。

2012年9月のフォトキナで発表されました。

 

上位機種のPL5と同時発表ですが、画質や撮影機能などのカメラとしての機能はPL5とほぼ同じ機能を備えています。

 

こちらも合わせてご覧ください → PEN Lite E-PL5 レビュー、評価
PL5との違いは主に2点です

・可動式の液晶が搭載されていないこと

・モードダイヤルなどのボタン類が少ないこと

 

 

可動式の液晶に魅力を感じないのであれば、コンパクトで安いPM2がおすすめのモデルになります。

 

 

(カラーはシルバー/ホワイト/ブラック/レッドの3色)

 

 

今回のPM2そして兄弟機のPL5の特徴はなんといっても画質です。

 

PM2は小型機ながら、オリンパスのマイクロフォーサーズ最上位機種のOM-D E-5と同等の画質性能が組み込まれています。

OM-D E-5は、高画質や高感度特性などで評判の高いモデルですが、その心臓部がほぼそのままの形でPM2にも搭載されています。

 

 

機能面の特徴は?

PM2では、液晶にタッチパネルが搭載されています。

タッチパネルにより、モード設定や、タッチシャッターなどを直感的に操作することができます。

 

 

 

さらに進化したアートフィルター

PENシリーズの特徴といえば、アートフィルターです。フィルターを設定するだけで、普段何気ない風景がドラマチックな風景に変身します。

 

 

今回新たなアートフィルターとして、「ウォーターカラー」が加わりました。

“暗部を大胆に削除し、白いキャンパスに淡く明るい色彩をなじませ、さらにやわらかい輪郭線を載せて、 ほんわりとした明るい雰囲気の世界を表現します。ウォーターカラーⅡは輪郭線を弱め、できるだけ色彩変化のグラデーションにより、輪郭部を表現します。”

 

 

さらに新たなアートエフェクトとして、モノクロエフェクトが加わっています。

“ 「モノクロエフェクト」は、モノクロ画像の色調を変えるセピア/青/紫/緑の調色効果と、コントラスト特性を変化させる黄色/オレンジ/赤/緑のモノクロフィルター効果の調節が可能です。アートフィルターの「ラフモノクロームⅠ, Ⅱ」・「ドラマチックトーンⅡ」で使用できます。”

 

 

PL5では12種類のアートフィルターを使うことができます。

 

 

基本スペック

・画素数 1605万画素

・手振れ補正 内蔵式(撮像センサーシフト式手ぶれ補正※) ※角度ぶれ補正(XY軸)、手振れ補正モード3モード

・液晶 3.0型液晶 (約46万ドット(16:9)、静電容量方式タッチパネル)

・シャッター速度 1/4000~60秒

・連続撮影

〔連写H〕※約8.0コマ/秒(手ぶれ補正OFF時)※ピントと露出は固定

〔連写L〕※約3.6コマ/秒(手ぶれ補正OFF時)(連写L3.5fps設定)、約3.0コマ/秒(手ぶれ補正On時)(連写L3fps設定)

 

・動画

MOV(MPEG-4AVC/H.264 )、AVI(Motion JPEG)

〔MOV〕 フルHD: 1920×1080、30p(29.97fps)20Mbps
〔AVI〕 HD: 1280×720、30fps アスペクト 16:9

 

・大きさ 109.8mm(W)× 64.2mm(H)× 33.8mm(D)

・質量 約269g(CIPA準拠 付属充電池およびメモリーカード含む)、約223g(本体のみ)

 

・シーンセレクト

ポートレート、eポートレート、風景、風景&人物、スポーツ、夜景、夜景&人物、チャイルド、ハイキー、ローキー、ぶれ軽減、マクロ、ネイチャーマクロ、キャンドル、夕日、文書、パノラマ、打ち上げ花火、ビーチ&スノー、フィッシュアイコンバーター、ワイドコンバーター、マクロコンバーター、3D

 

・アートフィルター

ポップアート(Ⅰ、Ⅱ/a, b, c, d, e)、ファンタジックフォーカス(-/c, e)、デイドリーム(Ⅰ、Ⅱ/a, b, c, d) 、ライトトーン(-/d)、ラフモノクローム(Ⅰ、Ⅱ/b, c, d, f, g )、トイフォト(Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ/d)、ジオラマ(-/d)、クロスプロセス(Ⅰ、Ⅱ/b, c, d)、ジェントルセピア(-/a, b, c, d) 、ドラマチックトーン(Ⅰ、Ⅱ/b, c, d, e, f, g※)※f, gはⅡに対応、リーニュクレール(Ⅰ、Ⅱ/a, b, c, d, e)、ウォーターカラー(Ⅰ、Ⅱ/a, c, d)

 

・アートエフェクト
①ソフトフォーカス効果 ②ピンホール効果 ③ホワイトエッジ効果 ④フレーム効果 ⑤スターライト効果 ⑥フィルター効果(無し、黄、オレンジ、赤、緑) ⑦調色効果(無し、セピア、青、紫、緑)

 

 

評価

・画質はOM-D-5譲りの高画質で文句なし

・軽いボディに高性能な機能が詰め込まれている

・PL5と撮影機能はほぼ同等

・上位機種とほぼ同性能を備えているので、マイクロフォーサーズの中でもかなりコストパフォーマンスが高い機種といえる

・デザインもシンプルかつクラシカルで好感度が高い

 

注意点

・PL5との違いはモードダイヤルがないことと、液晶が動かないこと

・上記2つの機能が欲しい方はPL5がオススメ

・フラッシュは内臓されておらず、付属のフラッシュを取り付けて使う

 

オプション品等

 

・PL5用の純正のボディジャケット

 

3色用意されています。

 

 

 

・プレミアムレンズキャップ

カラフルな各色が用意されているレンズキャップです。

14-42mm F3.5.5.6 II R用のφ36レンズキャップです。

 

価格等

    






こちらの記事もよく読まれています