LUMIX DMC-GF5 レビュー 評価




LUMIX DMC-GF(通称GFシリーズ)は 、パナソニックのミラーレスカメラで最もコンパクトなシリーズです。

 

パナソニックLUIX DMC-GF5は2012年4月26日に発売されます。

 

DMC-GF5はDMC-GF3の後継機種になります。

(パナソニックは慣例として4を飛ばして、製品名を名づけます。)

 

GF3はとにかくミラーレスで最小の機種を!ということでコンパクトさにこだわった機種ですが、GF5になってグリップが少し大きくなって持ちやすさなどが考えられた機種になっています。

 

 

カラーはエスプリブラック、シェルホワイト、シャンパンゴールド、センシュアルブラウンの4色が用意されています。

 

 

 

 

機能面の特徴は?

GF5の特徴はなんといっても「クリエイティブコントロール」の充実です。

GF3の6種類、GX1でも8種類だったものが、一気に14種類のフィルターが選べるようになり、写真の幅が広がります。

 

 

 

 

 

 

その他に進化した点で特筆すべきところは、高感度撮影時ノイズ量を約3割削減していることです。

これにより夜景の撮影や、暗い場所での撮影でもより高精細な写真を撮ることができます。

スペック的にも最高ISO感度が6400から12800へと進化しています。

 

 

また、液晶も46万ドットから92万ドットに進化して、より見やすい液晶になっているところもうれしいポイントです。

 

 

パナソニックのミラーレスで評判の高い機能が、タッチパネルです。

画面内の被写体にタッチするだけで写真が撮れる、タッチシャッターは健在です。

それに加えて、インターフェースの見直しにより、メニュー画面などもタッチパネルの操作がしやすくなっています。

 

 

GF5は前の機種のGF3から形や見た目はあまり変わっていないように見えるかもしれませんが、中身は大きく進化したモデルになります。

 

これから、ミラーレス一眼使ってみようかな?という方には、値段も格安なので最適な一台といえます。

 

 

基本スペック

・カメラ有効画素数 1210万画素

・シャッタースピード 1/4000~60 秒

・高感度(ISO感度) ISO160~12800

・動画

AVCHD 1920×1080(FSH:約17Mbps)、60i記録(センサー出力 30コマ/秒)

MP4 1920×1080(FHD:約20Mbps)

・連射撮影 約4コマ/秒

・液晶モニター 横縦比 3:2, 3.0型, 約92万ドット

・内蔵フラッシュ TTL調光内蔵フラッシュ GN6.3 相当(ISO160・m)

・寸法(W x H x D) 107.7×66.6×36.8 mm
・重量 225 g

 

・フォトスタイル
スタンダード / ヴィヴィッド / ナチュラル / モノクローム / 風景 / 人物 / カスタム

 

・クリエイティブコントロール
ポップ / レトロ / ハイキー / ローキー / セピア / ハイダイナミック / トイフォト / ジオラマ / ソフトフォーカス / ダイナミックモノクローム / インプレッシブアート / ワンポイントカラー / クロスプロセス / クロスフィルター

 

■ 仕様のさらに詳細が見たい方はこちらへ

パナソニック公式サイト http://panasonic.jp/dc/gf5/spec.html

 

評価

・これからミラーレス機を始める方に最適の機種

・価格がとにかく安い。

・サイズがとにかく小さくて、コンパクトな機種を探している方にぴったり。

・マイクロフォーサーズの中でも最も小さい機種だが、グリップ感は悪くない。

・クリエイティブコントロールが多彩になって、写真のバラエティが豊富に。

 

 

注意点

・耐ノイズ性能に関しては格段に向上しているが、最高品質のオリンパスのOM-D E-5には少し劣る。

・ボタンが少ないため、メニュー操作などタッチパネルの操作が多くなる。

・ホットシューがないため、外付けファインダーが取り付けられない。

・マイクロフォーサーズのコンパクト機として4代目となり、完成度は高い機種といえる。

 

レンズキットはどれがおすすめ?

パワーズームレンズキット (DMC-GF5X

LUMIX G X VARIO PZ 14-42mm F3.5-5.6とのセットです。

 

コンパクトな電動ズームレンズとの組み合わせは、DMC-GF5の魅力を存分に発揮してくれる組み合わせです。

LUMIX G X VARIO PZ 14-42mm F3.5-5.6は高級なXレンズのラインナップなので、映りに関しても普通のズームレンズより満足度の高いレベルを提供してくれます。

 

動画をよく撮る方であれば、撮影中も電動ズームでスムーズなズーム操作が可能になるので、この組み合わせがおすすめです。

 

ダブルズームレンズキット (DMC-GF5W

LUMIX G 14mm F2.5

LUMIX G VARIO 14-42mm F3.5-5.6

の二本との組み合わせのダブルズームキットです。

 

LUMIX G 14mm F2.5はマイクロフォーサーズ随一のコンパクトなレンズなので、GF5と組み合わせてとにかく軽くカメラを持ち歩きたい人には最適の組み合わせです。少し大きいコンパクトデジカメくらいの感覚で持ち歩けると思います。

 

もう一本のLUMIX G VARIO 14-42mm F3.5-5.6は標準ズームレンズですので、日常必要な画角をカバーしています。

 

比較対象、競合品

VS LUMIX DMC-GX1

GXシリーズはパナソニックLUMIXの中でも上位モデルになります。

大きさはGFシリーズより少し大きいくらいですが、中身は大きく変わります。

 

まず、画素数がGF5の1200万画素に対して、GX1は1600万画素になっています。

 

また、操作性や拡張性も違いのでるポイントです。

操作系のボタンも豊富で、ジョグダイヤルなどにより設定変更などの操作が簡単にできるようになっています。

 

また、電子水準器など最新の機能が搭載されていて、小さいボディの中に多機能なモデルになります。

 

発売時期から価格もかなり下がってきているので、GX1はかなりおすすめの機種になります。

 

 

VS LUMIX DMC-G5

パナソニックLUMIXのファインダー付きモデルです。

画質や写りはGF5とほぼ同時期に発売されているということで、同じレベルになります。

 

一番の違いは操作性や拡張性です。

G5はファインダー付きモデルということもあり、操作系のボタンも豊富で設定変更などの操作が簡単にできるようになっています。

 

フルオートでなく、自分で設定を行いながら写真を撮りたい方にはG5がよいでしょう。

 

 

オプション品等

・おすすめの液晶フィルター
プロガードAF for Panasonic DMC-GF5 防指紋性保護光沢フィルム

デジカメを購入したらまずはじめに付けたいのが液晶保護フィルターです。

 

・GF5用カメラカバー リスト

 

 

   

     

 

 

DMC-GF5 価格等

 






こちらの記事もよく読まれています