ボディキャップレンズ BCL-1580 (15㎜ F8) レビュー、評価




オリンパスのボディキャップレンズBCL-1580は、とにかく薄いレンズです。

 

「ボディキャップ」レンズと名付けられているだけあって、その厚みはなんと8㎜。

本当にカメラのボディキャップと同じような厚みしかありません。

 

 

レンズとしては15mm F8になります。

 

換算で30㎜のレンズは誰にでも使いやすい広角の画角です。

絞りはF8固定で調整はできないなど、小型化するために割り切った仕様になっています。

 

30㎜F8なので被写界深度が深くパンフォーカスで写真を撮ることができます。

とは言え、マニュアルでのピント調整機構もきちんと用意されています。

 

ピントはレンズ下のレバーで、調整できるようになっています。

(無限遠=パンフォーカスから0.3mの間をレバーで調整できます。)

 

  

 

さらに同じレバーでレンズバリア状態にすることもできます。(上の写真の左の状態)

 

 

値段がとにかく安く、レンズキャップとあまり変わらないので、レンズキャップ代わりに一枚持っておいても楽しいかもしれませんね。

 

発売日は2012年10月12日です。

 

 

基本スペック

■レンズ構成=3群3枚
■最短撮影距離=0.3m
■最大撮影倍率=0.06倍(35mm判換算0.12倍)
■大きさ(最大径×全長)=Ø 56×9mm
■質量=22g
■付属品=レンズリアキャップ(LR-2)、取扱説明書

 

評価、レビュー

・とにかく薄くて、PENシリーズやGFシリーズに取り付けるとかなり薄くコンパクト。

・「ボディキャップ」レンズといいつつ、小さいサイズでの使用なら十分実用レベルの解像度をもつ。

・中心部の解像度は優秀、周辺部はそこまででもない。

・周辺減光に関しては優秀で、ほとんど気にならないレベル。

・ 逆光には弱く、フレアがでる。

 

注意点

・オリンパスボディと組み合わせて使う場合、手振れ補正を効かせるために、カメラに手動で焦点距離を入力する必要がある。(ボディキャップレンズには電子接点がないため手入力が必要)

・ただ、オリンパスの最新機種以外では、焦点距離15㎜以下は対応していない仕様になっている。当面、16㎜と入力しておくしかなさそう。

 

 

作例、オススメのレビュー等

PEKKA POTKA  『OLYMPUS 15MM F/8 – WALKING THE DOG AND HAVING FUN』

http://www.pekkapotka.com/journal/2012/10/8/olympus-15mm-f8-walking-the-dog-and-having-fun.html

海外のブログですが、PEN E-P2にボディキャップレンズBCL-1580を取り付けて撮影した作例が掲載されています。

犬の散歩をしながら撮られたモノクロのスナップ写真が34枚掲載されています。

 

Aussie.in.Guernsey’s photostream / Tags / bodycaplens15mm180

http://www.flickr.com/photos/an_aussie_in_guernsey/tags/bodycaplens15mm180/

Aussie.in.GuernseyというユーザーさんがFlickr.にアップロードしたBCL-1580の写真。

街の風景などをOM-D E-5とボディキャップレンズの組み合わせでスナップ撮影した写真が公開されています。

アートフィルターも効果的に使われていて、オリンパスをお使いの方は一見の価値があると思います。

 

価格等






こちらの記事もよく読まれています