パナソニックLEICA DG SUMMILUX 25mm/F1.4 は高性能標準レンズ





パナソニックLEICA DG SUMMILUX 25mm/F1.4 ASPH. H-X025は、換算50㎜となる標準レンズです。

 

換算50㎜のレンズは昔から「標準レンズ」と呼ばれ、人の目で見た感じに近い画角として、多くの写真家に愛用されてきたレンズです。

 

パナソニックはこの標準画角のレンズを、自社の最高級ブランドである「LEICA SUMMILUX」の名を冠したレンズとして発売しました。

25mm/F1.4 はそれだけ力の入った標準レンズです。

 

F1.4という明るさを誇り、解放絞りで撮影すると、簡単に美しいぼけを生かした写真を撮ることができます。

少し絞ると引き締まったシャープな絵をはきだしてくれます。

撮影者の意図に応じて自在に引き出される二面性が、このレンズの魅力です。

 

マイクロフォーサーズの高性能な標準レンズであるこのレンズは、

長く付き合えば付き合うほど、撮影者の腕を磨いてくれるレンズになるでしょう。

 

基本スペック

■レンズ構成=7群9枚
■最短撮影距離=0.3m
■最大撮影倍率=0.11x (35mm判換算:0.22x)
■フィルター径= φ46mm
■大きさ(最大径×全長)=φ63mm(固定フード部)×約54.5mm
■質量=200g

  

 

評価

・描写力はマイクロフォーサーズの中でもトップクラス。

・F1.4の明るさで、暗い場所でも撮影が可能。

・美しいボケ味を楽しめる。

・AFも早く静かで、ストレスなく撮影できる。

・予算に余裕があれば、レンズラインナップに加えておきたい一本。

・人物、ポートレートを撮るのであれば必携の一本。

 

注意点

・F1.4だとピントが薄く、ピント合わせに技術が必要。

・F2程度まで絞るとピント合わせは楽になる。

・手振れ補正はない。(オリンパスボディの場合はボディ内手振れ補正が使用可能)

・ サイズが少し大きい。

・フォーカスリングのトルク感は薄い。(スカスカ)

・オリンパスボディの場合、頻繁に絞り調整音が少し気になる。(ガガガという音がなる)

 

比較対象、競合品

 

・VS 20㎜F1.7

 

なんといっても悩むのは20㎜F1.7との比較。

 

両方とも評判の高いレンズで、どちらが使いやすいかはとても悩ましい。純粋な画質だけ見ると25㎜F1.4の方が、解像力、ぼけの美しさで一歩勝っているという評判。ただ、20㎜F1.7の解放からのシャープさ、最短撮影距離の短さ、使いやすい画角は魅力的。

 

20㎜と25㎜は似たような画角に見えるが、使ってみると意外と性質が違うことに気づく。

 

一本だけ、付けっぱなしをレンズにするなら20㎜F1.7の方が軽くて、汎用性も高くてオススメ。ポートレートなどが多いようであればボケの作りやすい25㎜F1.4がオススメ。

 

ただ、甲乙付けがたい勝負なので、好みの画角で選んでしまうのがよい。

 

 

・はじめての交換レンズとして

 

25㎜F1.4は、標準ズームレンズを今まで使われていた方が購入されると、撮れる写真の違いに驚くと思います。

交換レンズを検討しているのであれば、間違いなくオススメの一本。

 

作例、オススメのレビュー等

 ・FLENS 25㎜F1.4

 フード、オプション品等

このレンズにはフードが付属しています。
ただ、純正フードは大きい上に、逆さ付できません。
 
社外品でもたくさんの種類のフードが販売されていますので、
大きさが気になる方や、ドレスアップを行いたい方はこちらの記事も参考にどうぞ。 

20㎜F1.7や14㎜F2.5等のマイクロフォーサーズ46㎜径にオススメのレンズフード8種類

 
  
■ オススメのレンズフィルター
Kenko 46S MCプロテクター
 
 ■ オススメPLフィルター
Kenko 46S サーキュラーPL
 
■ オススメNDフィルター
ケンコー・トキナー Kenko フィルター 46mm PRO-ND4 034642
ケンコー・トキナー Kenko フィルター 46mm PRO-ND8 034643
 
※) NDフィルター(減光フィルター)の用途
昼間の屋外で明るい単焦点レンズを使用する場合、
明るすぎて絞り解放が使えない場合が多いです。
その場合、NDフィルターを取り付けると、より絞りを開いた撮影を行うことができます。
ND8であれば、ほとんどの日中の明るさに対応可能です。
 

詳しくは マイクロフォーサーズの単焦点レンズにNDフィルターは使わない訳にはいかない

 価格等

        






こちらの記事もよく読まれています