20㎜F1.7や14㎜F2.5等のマイクロフォーサーズ46㎜径にオススメのレンズフード8種類




LUMIX G 20㎜F1.7 や14㎜F2.5などの46㎜径のレンズフードを紹介します。
 
46㎜径というのは、それまでのレンズにはないサイズのフィルター径でした。
マイクロフォーサーズの20㎜F1.7が発売されたことによって、一気に付属品などが販売されました。
 
このタイプのレンズフードは、レンズの周囲の取り付け部(ねじ切り)に取り付けるタイプではなく、レンズ内側のフィルター取り付け用のねじ切り部に取り付ける「ねじ込み型」と呼ばれる形になります。
ちょっと特殊な取り付け方になります。
 
 
フードの目的ですが、主に二つあります。
 
1.レンズ周辺から入る余分な光をカットして、フレアやゴーストを防ぐ目的
2.レンズのガラス面に手やものが直接触れて傷つくことを防ぐ目的
 
 
社外品でオシャレなフードがたくさん発売されているので、一覧にしました。
本来のフレア対策や保護目的だけでなく、カメラのドレスアップにも使えると思います。
 
 
ちなみに、フードは46㎜径の他のレンズにも使えます。
(レンズによってはケラれるかもしれないのでお気を付けください。)
  
■ フィルター径が46㎜のマイクロフォーサーズレンズ
 
パナソニックLUMIX G 14mm F2.5 ASPH. H-H014
パナソニックLUMIX G 20mm F1.7 ASPH
パナソニックLEICA DG SUMMILUX 25mm/F1.4 ASPH. H-X025
   (純正フードが付属)
オリンパスM.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0
   (メーカー純正の専用フードが発売されているのでそちらがオススメです)
シグマ 19mm F2.8 EX DN
   (標準でフードが付属)
シグマ 30mm F2.8 EX DN

46㎜径用フィルター一覧

 
エツミ製のフードで白黒二色用意されています。
 
    
 
 
 
 次のふたつも似たような形の商品ですが、専用のキャップが付いています。
フードを取り付けたまま、キャップの付け外しができます。 
 
それぞれ、左が外に広がったタイプ、右がインナーフードタイプになります。 
 
  
 
 
次は金属製のかなりしっかりしたタイプのフードです。
レンズの存在感がアップするでしょう。
 
 

 

ちょっとおもしろいラバーフードです。

ゴムでできているので、窓ガラスに押し付けて撮影など自在な使い方ができます。
 
 

 

最後に、フードではないですが、ドレスアップ目的のフィルターをひとつ。

7色あってカメラの色に合わせてドレスアップができます。

カラーはパールイエロー、パールイエローパールゴールド、パールピンク、パールブルー、パールホワイト、パールライム、パールレッドです。

  

フィルター

46㎜径のオススメの各種フィルターです。
 
ちなみに上記のフードはフィルター取り付け部に、ねじ込むタイプなので、
下記のKenkoのフィルターであれば、レンズの上にフィルターを取り付け、さらにフードを取り付けることができます。
(フィルターを何枚も取り付けるとケラれる恐れがあるのでご注意ください。)
 
・レンズフィルター
Kenko 46S MCプロテクター
 
 ・PLフィルター
Kenko 46S サーキュラーPL
 
・NDフィルター
ケンコー・トキナー Kenko フィルター 46mm PRO-ND4 034642
ケンコー・トキナー Kenko フィルター 46mm PRO-ND8 034643
 
※) NDフィルター(減光フィルター)の用途
昼間の屋外で明るい単焦点レンズを使用する場合、
明るすぎて絞り解放が使えない場合が多いです。
その場合、NDフィルターを取り付けると、より絞りを開いた撮影を行うことができます。
ND8であれば、ほとんどの日中の明るさに対応可能です。
詳しくは マイクロフォーサーズの単焦点レンズにNDフィルターは使わない訳にはいかない
 





こちらの記事もよく読まれています