新製品情報(未発売) パナソニック12-35mm F2.8、35-100mm F2.8 大口径Xレンズ




パナソニックの12-35㎜F2.8、35-100mm F2.8は2012年中に発売が予定されている大口径レンズです。

 

2012年5月現在、かなり噂が飛び交うようになってきて、発売が近づいていることがうかがえます。

特に12-35mmは35-100mmよりも先に発売されるため、そろそろ発売が近いとみられています。

 

 

(2012 International CESでの展示)

 

 

■ それぞれのレンズについて

 

・12-35mmは換算24-70mmで、標準域をカバーするレンズです。

現在販売されている標準ズームの上位レンズの位置づけになるでしょう。

 

・35-100mmは、換算70-200mmで中望遠から望遠までをカバーするレンズです。

現在の望遠レンズのラインナップの中では最も、焦点距離の近いズームレンズになります。

F2.8の明るい特性を生かして、室内でのスポーツやイベント撮りなどに最適なレンズになるでしょう。

 

 

マイクロフォーサーズの現状のレンズラインナップでは、高性能な単焦点はほぼそろっていますが、明るいズームレンズだけがラインナップとして欠けています。

そのため、このF2.8通しの12-35mmと35-100mmはユーザーからの要望も多く、期待が高まっています。

 

CANONやNIKONのこのタイプのズームレンズは、価格が20万円以上にも関わらず売れている、まさに看板レンズです。

おもしろい商品をどんどん発売しているパナソニックから、どれくらいの値段でどんなクオリティで発売されるか楽しみです。

 

 

■ スペック

 

・Xレンズ

・ナノサーフェスコーティング

・動画対応のHDロゴ

・MEGA O.I.S.ボタン付き

・フィルター径 58㎜

(12-35㎜、35-100㎜共通スペック)

 

 

■ これまでの展示等

 

これらレンズが最初に発表されたのは、2月の2012 International CESでした。

その後、CP+でもパナソニックブースで、レンズのモックが展示されています。

 

発表されているパナソニックのレンズロードマップではいずれも2012年の発売予定で、

12-35mmの方が先の発売とされています。

 

記事更新日 2012年5月15日